3DCADから3DCGへ

さまざまなプレゼンツールとして3DCADを採用
3Dビューワの利用で寸法計測や断面表示も可能となり、効果的なプレゼンを実現できます。
作成した3Dモデルを最新のカラー3Dプリンターで出力すれば、即、立体模型の完成です。
Acrobat PDFでも3Dモデルを表示できます。 一般に普及しているビューワなので、安心してどこでも使えます。

導入事例 景観シミュレーション
3Dアニメーション
CGで完成イメージをよりリアルに表現できます。アニメーションは全体をいろいろなアングルから見せることが可能となります。
◆橋梁アニメーション
◆浸水アニメーション
フォトモンタージュ
3Dデータと写真を合成して作成します。写真合成で現状との違いを明確に再現でき、作成する3Dモデルも最小限で済むメリットもあります。
◆フォトモンタージュ(電線地中化)
◆緑化
景観CG作成の種類と手順について
景観シミュレーションには3Dデータを作成する方法と写真合成を行う方法があります。
3Dデータを作成することでアニメーションを作成することも可能です。
-景観CG作成の手順について-
導入事例 3D PDF
AdobeReaderで3Dモデルを表示できます。一般に普及しているビューワなので、 安心してどこでも使えます。 3DPDFを閲覧するにはAdobe Reader のVer8以上 が必要です。
◆地下埋設
地下埋設の3Dデータサンプルで
断面表示が行えます
◆電波塔、基地局


導入事例 3Dプリンター出力
作成した3Dモデルを最新のカラー3Dプリンターで出力すれば、即、立体模型の完成です。
◆建築物
◆地形

お問合せ

ご質問等ございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。